競馬予想の印の意味

投稿者:あたる  更新日:

競馬予想には色々と印が付いています。この印の意味ですが、なかなか難しく競馬新聞や付ける人によって意味が違っていることもあります。

例えば、×、注、「二重△」、☆などは、新聞などによって使われていたりいなかったりと良くわからない部分が多いです。

他にも、AとBの馬がいて、予想はAが1着になる確率が1番高いけど距離を走ったことがなく惨敗の可能性もあり、Bの馬はAの馬以外に負けることはなさそうで2着以内に来る確率はBの馬の方が高い場合は、印をつける人によってどちらを本命にするか違いがあるようです。

基本的な印

ほとんどの競馬新聞や予想サイトなどで使われている印です。

本命

◎=本命(ホンメイ)は、1着になる確率が1番高いと思われる馬に付けられていることが多いようです。

2着以内、3着以内に来る確率が1番高い馬に付けられていることもあるようです。

予想の1番手評価として使われていることがほとんどだと思います。

 

対抗

〇=対抗(タイコウ)は、本命の次に勝つ可能性が高い馬や2着までに来る可能性が高い馬に付けられていることが多いようです。

予想の2番手評価として使われていることがほとんどだと思います。

 

単穴

▲=単穴(タンアナ)は、付ける人によってかなり意味合いが異なっている気がします。

筆者の推測ですが、単は単勝の単で1着を意味すると思います。穴は穴馬の穴で単穴は、1着に来そうな穴馬という意味になると思います。

実際に印を付ける人の中には穴馬にこの印を付けている人も居るようですが、単純に予想の3番手評価として付けている人の方が多いと思います。

 

連穴または連下

△=連穴(レンアナ)または連下(レンシタ)

読み方は、どちらが正しいかは良くわかりませんが、どちらも使われていると思います。

これも、筆者の推測ですが、連は枠連などの連で2着以内の意味だと思います。穴は穴馬の穴で連穴は2着以内に来そうな穴馬という意味になると思います。連下は、2着以内(1着、2着)の下側で2着の意味だと思います。◎〇▲以外で2着に来そうな馬ということだと思います。

ただ、現在は3連単、3連複、ワイドなど3着までが対象になる馬券が多くなったので、2着ではなく3着という意味で使われていることが多いようです。読み方も、複穴(フクアナ)と呼ばれていることもあるようです。

△は◎〇▲以外で3着までに来そうな馬に付けられていることが多いと思います。

 

特殊な印

特殊な印の意味は、新聞や付けている人、地域によっても違うことがあるようで、正直良くわからないというのが結論です。

一応、私が調べた感じでは下記のような意味で使われていることが多いように思います。

◉は、その日の1番自信のある本命に付けられている事が多いようです。◎の代わりに付けられていて、かなり自信のある本命といったところだと思います。

「二重△」、三角の中に三角がある印です。「二重△」>△で4番手評価として付けられていることが多いようです。

注は、注意で3着までなら可能性がある馬や3着までに来そうな穴馬に付けられていることが多いようで、△>注 だと思います。

×は、△の下の評価で使われている事が多いようです。

☆は、1着になる可能性のある穴馬という意味で使われていることが多いかもしれません。

例えば◎〇▲△×の印の新聞だと◎>〇>▲>△>×の評価のようですが、◎〇▲「二重△」△の新聞だと◎>〇>▲>「二重△」>△となり、×と△が同じ5番手評価となったりするようです。

同時に存在しない印もありますが、一応印の順番を付けると

(◉>◎>〇>▲>二重△>△>×、注>無印)こんな感じになると思います。

問題は☆で、▲の後ろでしょうか?それとも△の後ろでしょうか?正直どこに入れて良いのかわかりません。

 

当ブログの予想の印

最終予想は下記の通りです。

◎=1番手評価

〇=2番手評価

▲=3番手評価

△=4番手評価

穴=穴をあけるならこの馬という穴馬を探して付けています。