大阪杯 2019 予想と予想結果

投稿者:あたる  更新日:

2019年3月31日(日曜日)に阪神競馬場の芝2000メートルで行われた第63回 大阪杯(G1)は、9番人気のアルアインが勝ち、皐月賞以来の2年ぶりの勝利でGⅠ 2勝目となりました。2着は2番人気のキセキ、3着は4番人気のワグネリアンです。
 

第63回 大阪杯(G1)

2019年3月31日(日曜日) 2回阪神4日
11レース 発走時刻:15時40分
サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
コース:芝2000 右・内回り

大阪杯は、一昨年に「産経大阪杯」(G2)から昇格されて「大阪杯」(G1)になりました。

 

大阪杯の参考レースの結果と映像

昨年の大阪杯(G1)

2018年04月01日 阪神 2000m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 1 8 15 スワーヴリチャード 牡4 57.0 M.デムーロ 金鯱賞(G2) 1着 1番人気
2 6 3 5 ペルシアンナイト 牡4 57.0 福永祐一 中山記念(G2) 5着 1番人気
3 2 4 8 アルアイン 牡4 57.0 川田将雅 京都記念(G2) 2着 3番人気

レース結果とレース映像

 

第63回 有馬記念(G1)

2018年12月23日 中山 2500m 曇:稍重

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 3 4 8 ブラストワンピース 牡3 55.0 池添 謙一 菊花賞(G1) 4着 1番人気
2 1 6 12 レイデオロ 牡4 57.0 C.ルメール 天皇賞(秋)(G1) 1着 2番人気
3 9 8 15 シュヴァルグラン 牡6 57.0 H.ボウマン ジャパンC(G1) 4着 5番人気

追いすがるレイデオロをクビ差凌いでブラストワンピースが初のG1制覇。

レース結果とレース映像

 

第112回 京都記念(G2)

2019年02月10日 京都 2200m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 6 6 8 ダンビュライト 牡5 56.0 松若 風馬 AJCC 6着 3番人気
2 1 7 10 ステイフーリッシュ 牡4 56.0 藤岡 佑介 日刊中山金杯 2着 7番人気
3 2 8 12 マカヒキ 牡6 57.0 岩田 康誠 有馬記念 10着 12番人気

ダンビュライトが大混戦を制して重賞2勝目。着差はクビ、クビ、クビという4頭の大混戦でした。

レース結果とレース映像

 

中山記念(G2)

2019年02月24日 中山 1800m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 5 1 1 ウインブライト 牡5 57.0 松岡 正海 日刊中山金杯(G3) 1着 3番人気
2 6 3 3 ラッキーライラック 牝4 53.0 石橋 脩 秋華賞(G1) 9着 2番人気
3 2 6 7 ステルヴィオ 牡4 57.0 丸山 元気 マイルCS(G1) 1着 5番人気

中山巧者のウインブライトが中山記念を連覇。

レース結果とレース映像
 

金鯱賞(G2)

2019年03月10日 中京 2000m 雨:稍重

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 2 1 1 ダノンプレミアム 牡4 56.0 川田 将雅 東京優駿(G1) 6着 1番人気
2 5 7 11 リスグラシュー 牝5 55.0 A.シュタルケ 香港ヴァーズ(G1) 2着
3 1 6 8 エアウィンザー 牡5 56.0 武 豊 チャレンジC(G3) 1着 2番人気

ダービー以来のダノンプレミアムが完全復活。

レース結果とレース映像

 

大阪杯の出走予定馬

枠番 馬番 馬名 斤量 性齢 前走 主な成績
1 1 マカヒキ 57.0 牡6 京都記念(G2) 2番人気 3着 東京優駿(G1)1着。
2 2 ワグネリアン 57.0 牡4 神戸新聞杯(G2) 2番人気 1着 東京優駿(G1)1着。
3 3 アルアイン 57.0 牡5 金鯱賞(G2) 3番人気 5着 皐月賞(G1)1着。
3 4 エポカドーロ 57.0 牡4 中山記念(G2) 3番人気 5着 皐月賞(G1)1着。
4 5 ムイトオブリガード 57.0 牡5 金鯱賞(G2) 9番人気 7着 アルゼンチン(G2)2着。
4 6 キセキ 57.0 牡5 有馬記念(G1) 2番人気 5着 菊花賞(G1)1着。
5 7 ブラストワンピース 57.0 牡4 有馬記念(G1) 3番人気 1着 有馬記念(G1)1着。
5 8 サングレーザー 57.0 牡5 香港カップ(G1) 4着 天皇賞(秋)(G1)2着。
6 9 エアウィンザー 57.0 牡5 金鯱賞(G2) 1番人気 3着 チャレンジC(G3)1着。
6 10 ステイフーリッシュ 57.0 牡4 京都記念(G2) 1番人気 2着 京都新聞杯(G2)1着。
7 11 ペルシアンナイト 57.0 牡5 金鯱賞(G2) 4番人気 4着 マイルCS(G1)1着。
7 12 ステルヴィオ 57.0 牡4 中山記念(G2) 2番人気 3着 マイルCS(G1)1着。
8 13 スティッフェリオ 57.0 牡5 小倉大賞典(G3) 3番人気 1着 小倉大賞典(G3)1着。
8 14 ダンビュライト 57.0 牡5 京都記念(G2) 6番人気 1着 京都記念(G2)2着。

1枠1番 マカヒキ

2016年のダービー馬で当時はかなり強かったのだが、凱旋門賞から成績が悪くなっている。前走の3着は復活気配にも見えるがメンバーを考えると今回はきついような気もする。2000mは弥生賞(G2)1着と皐月賞2着があり、阪神は一昨年の大阪杯の4着のみで、コース適正は悪くなさそう。

2枠2番 ワグネリアン

強い4歳世代のダービー馬。7戦5勝2着1回7着1回で7着は皐月賞。負けた2戦が阪神内回りに近そうな中山の2000mで気になるところだが、弥生賞(GⅡ)はダノンプレミアムの2着で中山が悪かったわけではなさそう。東スポ2歳S(GⅢ)1800m勝ちあり、阪神は両方外回りだが2戦2勝で、今回のコースは問題なさそう。休み明けは弥生賞の2着と神戸新聞杯の1着。今回6ヵ月の休み明けだが、故障とかではなく、神戸新聞杯のあをは疲れが取れず大事を取って休ませたらしい。復帰初戦も最初からここが目標だったようで、6ヵ月の休み明けでも問題なさそう。

3枠3番 アルアイン

昨年のこのレースの3着馬。皐月賞1着の後、勝ちがなく大阪杯3着、天皇賞(秋)、マイルCS3着などG1で好走はするのだが勝ちきれない感で今回も勝つまではいかない気がする。阪神は3戦2勝3着1回。3着は大阪杯で2勝は外回りだが、中山の成績もよく、距離も1600m~2200mの成績が良く今回のコースはあっていそう。前走は休み明けで5着だが、休み明けはGⅡ2着3回あり、前走の5着は少し悪い気がする。

3枠4番 エポカドーロ

昨年の皐月賞1着、ダービー2着。ダービー後から成績が今一だが、神戸新聞杯はスタートでバランスを崩したのか後方になった影響が大きそう。菊花賞は距離が長かった可能性が。前走の5着はかなり微妙だが。2000mは2戦2勝で皐月賞を勝っており距離適性は高そう。阪神は神戸新聞杯外回り4着の1戦のみで良くも悪くもなさそう。

4枠5番 ムイトオブリガード

東京の2400m3連勝からアルゼンチン(GⅡ)1番人気で2着。東京が得意だったのか、その後の、前々走は6着で前走は金鯱賞(GⅡ)7着。阪神の芝は阪神大賞典(GⅡ)8着のみ。

4枠6番 キセキ

昨年のジャパンカップはアーモンドアイには負けたが3着のスワーヴリチャードに0.6秒の差をつける強い内容。距離は菊花賞を勝っているので長い方が良さそうな気もするが毎日王冠3着天皇賞(秋)3着を考えると2000mは問題なさそう。阪神は5戦1勝2着1回3着2回8着1回で8着は宝塚記念。今回のコースは良くもなく悪くもなくといったところだろうか?休み明け500万下1着はあるが、他は日経賞9着、宝塚記念8着、毎日王冠3着であまり良くない気がする。

5枠7番 ブラストワンピース

G1は3戦して有馬記念1着、菊花賞4着、ダービー5着。7戦5勝で負けたのはダービーと菊花賞のみで大きく崩れたことは一度もない。距離は1800m2勝で1勝は毎日杯(GⅢ)、2000mは新潟記念(GⅢ)の1回、2500mの有馬記念1着、菊花賞は4着でかなり適正距離の幅が広そうで2000mは問題なさそう。阪神は毎日杯の1回で外回りだが、コースは問題なさそう。休み明けは、新潟記念1着と中10週の500万下1着で問題なさそう。

5枠8番 サングレーザー

マイラーという感じで昨年の札幌記念は距離を不安視されていたが1着。次の天皇賞(秋)も2着で、この時の「J・モレイラ騎手」のコメントでも距離は問題ないと言っているので、2000mは問題なさそう。G1は勝っていないが天皇賞(秋)2着やマイルCS3着などがあり、力はここでも通用しそう。阪神は3戦1勝2着1回3着1回。休み明けはマイラーズC(GⅡ)1着があり、その他は3カ月近くの休み明けが3回あり1着、2着、3着で問題はなさそう。

6枠9番 エアウィンザー

4連勝で重賞初制覇。前走は1番人気で3着、メンバーを考えるとここでも力は足りていそうな気がする。15戦して馬券外は1回だけ。1800m~2200mで使われていて2000mは適距離の可能性が高そう。阪神は6戦4勝2着2回。前走の中京は初で左回りは東京の2戦1勝6着1回で唯一の馬券外があり、今回のコースはかなり良さそう。

6枠10番 ステイフーリッシュ

G1はホープフルS3着、ダービー10着、菊花賞11着。ここ3走2着、2着、3着で調子は良いが、このメンバーでは少し力不足かも。阪神は神戸新聞杯(GⅡ)外回り5着とチャレンジC(GⅢ)今回と同じコース3着で悪くはなさそう。

7枠11番 ペルシアンナイト

一昨年のマイルCS(GⅠ)1着、昨年は2着。皐月賞2着や昨年のこのレースの2着もあり力はここでも十分足りているはず。距離はマイルのイメージが強いが皐月賞2着大阪杯2着があるので問題なさそう。阪神は2戦でアーリントン(GⅢ)1着と昨年のこのレース2着でコース適正は高そう。前走は休み明けで4着だがいつもは5着(3回)で良い方。叩き2戦目は3回全てGⅠで2着以内で叩かれて良くなるタイプ。

7枠12番 ステルヴィオ

昨年のマイルCS(GⅠ)1着。力はあるが距離適性に疑問がありそう。阪神は朝日杯FS(GⅠ)外回り2着1回のみ。中山のスプリングS(GⅡ)1着もあり、阪神の内回りは問題なさそう。2000m以上は皐月賞4着とダービーの8着で、これ以外は全て3着以内。1600mは4戦2勝2着2回で2着は両方2歳の時にダノンプレミアムに負けたものでマイル適正はかなり高そう。1800mは4戦2勝2着1回3着1回、2歳OPの1勝を除くと、全て休み明けのG2で悪くないのかも。スプリングS1800mはエポカドーロに勝っていて皐月賞2000mはエポカドーロに負けているのだが15番の外枠で稍重だったので単純な比較にはならなそう。母は1600万下2着が最高、芝1400m~1800mに勝ちがあり、1800mまでしか走ったことはない。父のロードカナロアは安田記念(G1)勝ちがあり1600mまでしか走ったことはない。

8枠13番 スティッフェリオ

重賞2連勝で勢いはありそうだが小倉と福島のG3。G1は菊花賞14着のみ、G2は2回走り4着と5着で能力的には今回のメンバーでは格下。阪神は4戦2勝2着1回5着1回で2勝は今回と同じコース。2000mを多く使われていて2000mが適正距離の可能性が高そう。

8枠14番 ダンビュライト

G1は皐月賞の3着が最高でダービー6着、菊花賞5着、大阪杯6着、宝塚記念5着でそれほど大きくは崩れてはいない。G2は2勝しているが今回のメンバーでは少し力が足りないかもしれない。阪神の内回りは4戦1勝4着1回5着1回6着1回で5、6着はG1でコース適正としては悪くなさそう。

 
大阪杯の過去のデータは「大阪杯 過去 データ」をご覧ください。過去10年と過去17年までのデータを掲載しています。
 

大阪杯の予想

予想 枠番 馬番 馬名 予想コメント
3 4 エポカドーロ 前走は少し物足りないような気もするが、叩かれてだいぶ良くなっていそう。枠順も良く、土曜に降った雨も良さそうで、今回はかなり条件が良さそう。
5 7 ブラストワンピース 休み明けの成績も良く、今回の仕上がりも良さそう。能力は今回のメンバーでも上位で、休み明けもコースも問題なさそう。
7 11 ペルシアンナイト 昨年のこのレース2着。昨年は中山記念(G2)5着からこのレース2着。叩き2戦目の成績が良く今回も上位争いのはず。
2 2 ワグネリアン 長期休み明けでも状態は良さそう。唯一連対を外した皐月賞7着が稍重だったのが気になるところだが。
6 9 エアウィンザー 能力はここでも通用するはず。良馬場の方が良いようなので馬場状態は気になるが、今回のコース適正はかなり高そう。

 

大阪杯の予想結果

予想 枠番 馬番 馬名 結果
3 4 エポカドーロ 10着(8番人気)
5 7 ブラストワンピース 6着(1番人気)
7 11 ペルシアンナイト 11着(3番人気)
2 2 ワグネリアン 3着(4番人気)
6 9 エアウィンザー 5着(5番人気)

予想は、△が3着のみの大変残念な結果でした。
 
大阪杯の結果とレース映像
 
※掲載されている内容などは間違っている可能性もあります。予めご了承ください。