共同通信杯 2019 予想と予想結果

投稿者:あたる  更新日:

共同通信杯は3歳戦でトライアルレースではありませんが、2019年春のクラシック戦線を占う重要なレースです。

昨年の朝日杯フューチュリティステークス(G1)を勝った4戦無敗のアドマイヤマーズが出走予定です。

 

第53回 共同通信杯(G3)

2019年2月10日(日曜日) 1回東京6日
11レース 発走時刻:15時45分
サラ系3歳 (国際)(特指)オープン 別定
コース:芝1800 左回り

 

共同通信杯の予想

現在までの予想は、残す馬に〇、外す馬に×、保留中の馬は無印にしています。
最終予想は、評価順に◎>〇>▲>△にしています。「穴」は穴をあけそうな馬に付けています。

現在までの予想

第53回 共同通信杯(G3)の出馬表

枠番 馬番 馬名 斤量 性齢 予想 予想コメント
1 1 ダノンキングリー 56.0 牡3 2戦2勝。前走は中山1600で大外枠。終始外を回り0.6秒差の圧勝。着差以上に強いかも。
2 2 マードレヴォイス 56.0 牡3 × 最近の成績を考えるとここではきつそう。
3 3 ナイママ 56.0 牡3 地方馬。札幌2歳Sはクラージュゲリエに先着。馬場次第ではチャンスがあるかも。
4 4 アドマイヤマーズ 57.0 牡3 朝日杯FS(G1)の勝馬で4戦無敗。朝日杯は0.3秒差の快勝。ここは有力か。
5 5 フォッサマグナ 56.0 牡3 新馬戦は単勝1.8倍。C.ルメール騎手が連続騎乗。能力は高そう。
6 6 クラージュゲリエ 57.0 牡3 京都2歳S(G3)の勝馬で3戦2勝3着1回。ここも好勝負か。
7 7 ゲバラ 56.0 牡3 新馬戦はかなり出遅れていた感じで、大外を回り0.2秒差で1着。着差以上に強い内容で、能力は高いかも。

やはりアドマイヤマーズは強いと思います。先行力があり展開にも左右されずらく、4戦全勝で確実に走ってくれそうです。

2戦2勝のダノンキングリーや新馬勝ちの2頭が結構能力が高そうで、かなり強い馬の可能性も。

 

最終予想

枠番 馬番 馬名 予想 予想コメント
4 4 アドマイヤマーズ 昨年の最優秀2歳牡馬。このメンバーなら能力が違うはず。
1 1 ダノンキングリー 2戦2勝でまだ底を見せておらず、前走の内容からここでも好勝負の可能性は高そう。
6 6 クラージュゲリエ 前走、京都2歳S(G3)を1番人気で1着。実績ナンバー2で、ここも好勝負か。
5 5 フォッサマグナ 新馬は1400mで、距離が400m伸びる不安はあるが、能力は高そう。
7 7 ゲバラ また出遅れる可能性はあるが、新馬戦のレース内容からここでも通用する能力はありそう。

 

共同通信杯の予想結果

2019年02月10日に行われた第53回共同通信杯(G3)は、3番人気で単勝4.2倍のダノンキングリーが逃げるアドマイヤマーズを内からかわして0.2秒差で勝ちました。これで3連勝無敗で重賞初制覇となり、クラシックの有力候補となったと思います。

2着のアドマイヤマーズと3着のクラージュゲリエは0.6秒差あるのでダノンキングリーがかなり強かったのだと思います。
 
第53回 共同通信杯の結果とレース映像

 
予想は、◎が2着で〇が1着と逆になってしまいましたが、▲が3着、△が4着、穴が5着で、もう少しでパーフェクト予想でした。

予想 枠番 馬番 馬名 結果
4 4 アドマイヤマーズ 2着(1番人気)
1 1 ダノンキングリー 1着(3番人気)
6 6 クラージュゲリエ 3着(4番人気)
5 5 フォッサマグナ 4着(2番人気)
7 7 ゲバラ 5着(5番人気)

 
※掲載されている内容などは間違っている可能性もあります。予めご了承下さい。