フェブラリーステークス 2019 予想

フェブラリーSの予想に役に立つ過去20年のデータなども掲載!

2019年最初に行われるG1レースのフェブラリーステークス!

今回のフェブラリーSは過去3年の勝馬に新興勢力の強そうな馬が出走していて、かなりの好メンバーがそろい、藤田菜七子騎手がJRA所属の女性騎手初のG1レースに騎乗することもあり、非常に注目度の高い一戦です。

藤田菜七子騎手が騎乗するコパノキッキングは9戦7勝2着1回4着1回で現在4連勝中で重賞2連勝中のかなり強い馬ですが、1400mまでしか走ったことはなく今回200m距離が伸びる不安はありそうですが有力馬の1頭です。

昨年のチャンピオンズカップを強い内容で勝ったルヴァンスレーヴは左前脚に軽度の不安を発症したためフェブラリーステークスを回避しています。

第36回 フェブラリーステークス(G1)

2019年2月17日(日曜) 1回東京8日
11レース 発走時刻:15時40分
4歳以上オープン 定量
コース:ダート1600 左回り
 

過去のレース結果とレース映像

フェブラリーステークスを予想するのに過去のレース映像を見るのも良いと思います。

過去のレース結果とレース映像はJRAのサイトから見ることができます。

フェブラリーステークスの過去の結果とレース映像

 

フェブラリーステークスの参考レースの結果と映像

昨年のフェブラリーステークス(G1)

2018年02月18日 東京 1600m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 4 6 12 ノンコノユメ せん6 57.0 内田博幸 根岸S(G3) 1着 6番人気
2 1 7 14 ゴールドドリーム 牡5 57.0 R.ムーア チャンピオン(G1) 1着 8番人気
3 6 3 6 インカンテーション 牡8 57.0 三浦皇成 東京大賞典(G1) 7着

レース結果とレース映像
 

チャンピオンズカップ(G1)

2018年12月02日 中京 1800m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 1 2 2 ルヴァンスレーヴ 牡3 56.0 M.デムーロ MCS南部杯(G1) 1着
2 8 7 12 ウェスタールンド せん6 57.0 藤岡佑介 武蔵野S(G3) 7着 3番人気
3 3 5 9 サンライズソア 牡4 57.0 J.モレイラ JBCクラシ 3着 1番人気

レース結果とレース映像
 

東海テレビ杯東海ステークス(G2)

2019年01月20日 中京 1800m 曇:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 1 4 4 インティ 牡5 56.0 武 豊 観月橋S 1着 1番人気
2 2 3 3 チュウワウィザード 牡4 56.0 川田 将雅 名古屋GP(G2) 1着
3 4 4 5 スマハマ 牡4 55.0 藤岡 佑介 青竜S 2着 1番人気

単勝1.5倍の1番人気インティが非常に強い内容で勝ち6連勝で重賞初制覇となりました。

レース結果とレース映像

 

根岸ステークス(G3)

2019年01月27日 東京 1400m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 2 6 11 コパノキッキング せん4 56.0 O.マーフィー カペラS(G3) 1着 1番人気
2 3 1 2 ユラノト 牡5 56.0 C.ルメール ギャラクシー  2着 1番人気
3 5 1 1 クインズサターン 牡6 56.0 四位 洋文 師走S 3着 4番人気

2番人気のコパノキッキングが0.1秒差で勝ち重賞2連勝となりました。

レース結果とレース映像
 

東京大賞典(G1)

2018年12月29日 大井 2000m 晴:良

着順 人気 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
1 3 3 5 オメガパフューム 牡3 55.0 Mデム(JRA) チャンピオン(G1) 5着 4番人気
2 1 7 13 ゴールドドリーム 牡5 57.0 ルメー(JRA) MCS南部杯(G1) 2着 1番人気
3 2 1 2 ケイティブレイブ 牡5 57.0 福永祐(JRA) チャンピオン(G1) 11着 2番人気

レース結果とレース映像
 

過去20年の着順と人気と馬番

今回はG1レースなので過去20年のデータを集めてみました。

着順 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
2018年 人気 4 1 6 3 10 12 15 11 7 8 5 2 16 9 14 13
晴:良 馬番 12 14 6 16 13 9 8 5 4 15 2 10 3 11 7 1
2017年 人気 2 5 1 8 14 11 4 7 10 16 13 3 15 6 9 12
晴:良 馬番 3 9 10 13 12 15 11 1 2 7 14 6 16 4 5 8
2016年 人気 2 1 7 3 6 9 4 10 13 5 11 8 15 16 12 14
晴:重 馬番 14 7 4 5 6 13 3 9 16 2 10 11 15 12 8 1
2015年 人気 1 5 3 11 4 2 6 7 10 12 8 14 13 9 16 15
曇:良 馬番 4 14 10 7 1 11 9 5 13 2 6 16 15 8 3 12
2014年 人気 16 2 1 11 7 5 15 4 13 6 14 10 3 8 9 12
晴:良 馬番 13 15 11 6 12 4 14 7 10 1 8 3 2 9 16 5
2013年 人気 3 9 7 16 5 13 4 10 8 6 11 2 12 14 1 15
晴:良 馬番 2 6 10 3 16 1 14 12 4 7 15 8 13 5 11 9
2012年 人気 7 4 2 5 3 11 1 10 8 16 12 6 9 14 15 13
晴:良 馬番 16 3 10 11 9 2 15 6 7 12 5 13 14 4 8 1
2011年 人気 1 3 4 5 7 15 11 6 10 16 13 8 12 2 14 9
曇:良 馬番 12 13 5 7 16 6 4 15 10 8 3 1 11 14 9 2
2010年 人気 1 5 2 14 6 10 8 15 7 4 11 3 12 13 9
晴:良 馬番 4 3 6 2 12 1 13 7 11 14 15 8 16 9 5
2009年 人気 6 3 1 5 4 2 12 10 16 7 15 11 13 9 8 14
晴:稍重 馬番 15 14 2 12 16 9 11 5 4 7 1 10 6 8 3 13
2008年 人気 1 7 3 4 14 9 10 5 6 13 12 11 16 15 8 2
晴:良 馬番 15 10 16 8 12 5 14 9 7 3 6 1 13 2 11 4
2007年 人気 3 2 9 15 6 5 14 11 1 8 4 12 16 7 13 10
晴:不良 馬番 12 7 15 5 8 10 1 9 4 14 6 3 13 2 16 11
2006年 人気 1 2 11 4 3 14 5 8 12 10 7 6 13 16 9 15
曇:良 馬番 14 9 3 11 8 6 7 15 13 2 1 16 5 4 10 12
2005年 人気 1 5 6 4 2 8 14 12 11 9 10 7 13 15 3
小雨:不良 馬番 14 7 10 6 3 11 1 8 12 4 2 5 15 13 9
2004年 人気 1 3 9 12 10 4 8 2 5 16 7 13 6 15 11 14
晴:良 馬番 10 1 15 2 8 16 3 4 7 12 14 9 5 6 13 11
2003年 人気 1 3 4 14 12 5 11 7 10 15 2 13 8 16 9 6
曇:稍重 馬番 5 8 7 2 12 10 3 6 15 4 16 13 9 1 11 14
2002年 人気 1 4 2 3 6 8 14 9 5 11 10 12 15 7 16 13
曇:良 馬番 9 12 2 3 8 5 4 15 7 16 14 11 10 6 1 13
2001年 人気 5 2 4 1 3 6 12 8 13 9 11 15 10 14 7 16
晴:良 馬番 15 6 16 8 9 1 10 5 4 7 14 11 13 12 3 2
2000年 人気 4 2 7 3 11 8 9 12 5 14 6 16 1 10 13 15
曇:良 馬番 14 6 1 15 13 5 12 10 9 3 8 7 2 11 4 16
1999年 人気 2 7 4 3 5 1 6 9 10 14 12 11 8 15 13 16
晴:良 馬番 9 12 10 13 7 11 6 3 8 14 4 15 1 2 5 16
※競走中止は最下位にしています。出走取消、除外はその馬番のデータは無しにしています。

 

過去20年の人気と着順

1番人気 2番人気 3番人気 4番人気 5番人気 6番人気 7番人気 8番人気 9番人気 10番人気以下
1着 9 3 2 2 1 1 1 0 0 1
2着 2 5 4 2 4 0 2 0 1 0
3着 3 3 2 4 0 2 3 0 2 1
着外 6 9 12 12 15 17 14 20 17 136
勝率 45% 15% 10% 10% 5% 5% 5% 0% 0% 1%
複勝率 70% 55% 40% 40% 25% 15% 30% 0% 15% 1%

このデータを見ると1番人気が9勝で勝率が高いと思います。

 

過去20年の馬番と着順

馬番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1着 0 1 1 2 1 0 0 0 2 1 0 3 1 4 3 1 0 0
2着 1 0 2 0 0 3 3 1 2 1 0 2 1 3 1 0 0 0
3着 1 2 1 1 1 2 1 0 0 6 1 0 0 0 2 2 0 0
着外 18 17 16 17 18 15 16 19 16 11 19 15 18 13 14 16 0 0
勝率 0% 5% 5% 10% 5% 0% 0% 0% 10% 5% 0% 15% 5% 20% 15% 5% 0% 0%
複勝率 10% 15% 20% 15% 10% 25% 20% 5% 20% 42% 5% 25% 10% 35% 30% 16% 0% 0%

このデータを見ると比較的外枠の方が成績が良い傾向があるようです。

東京競馬場のコース図

 

過去20年の1番人気の馬番と着順

馬番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1着 0 0 0 2 1 0 0 0 1 1 0 1 0 2 1 0 0 0
2着 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
3着 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0
着外 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0

 

過去20年の2番人気の馬番と着順

馬番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1着 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0
2着 0 0 0 0 0 2 1 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0
3着 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0
着外 0 0 1 2 0 0 0 1 1 1 1 0 0 1 0 1 0 0

 

過去20年の3番人気の馬番と着順

馬番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1着 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0
2着 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0
3着 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0
着外 0 1 1 0 1 1 0 2 3 0 0 0 1 0 1 1 0 0

 

フェブラリーステークスの予想

現在までの予想は、残す馬に〇、外す馬に×、保留中の馬は無印にしています。

最終予想は、評価順に◎>〇>▲>△にしています。「穴」は穴をあけそうな馬に付けています。

現在までの予想

第36回 フェブラリーステークス(G1)の出馬表

枠番 馬番 馬名 斤量 性齢 予想 予想コメント
1 1 クインズサターン 57.0 牡6 × 重賞の勝ちはないが2着2回3着3回。このメンバーでは。
2 2 ユラノト 57.0 牡5 東京は比較的成績は良く、1600mも問題なさそう。
3 3 ゴールドドリーム 57.0 牡6 一昨年の最優秀ダートホース。一昨年1着、昨年2着。昨年は5戦して連対率100%。
3 4 メイショウウタゲ 57.0 牡8 × 前2走は東京で2桁順位。前走は負けすぎで、このメンバーでは。
4 5 サクセスエナジー 57.0 牡5 前走はOPでしたが、0.6秒差でなかなか強い内容。
4 6 インティ 57.0 牡5 6連勝中。東京は初出走。距離は1700と1800しか走ったことがない。
5 7 サンライズノヴァ 57.0 牡5 昨年の4着馬。東京に良い成績があり前回1番人気だったが8着。
5 8 モーニン 57.0 牡7 2016年の勝馬(2人気)。2017年は12着(3人気)
6 9 ワンダーリーデル 57.0 牡6 × 前走は重賞初挑戦で5着。今回のメンバーでは。
6 10 サンライズソア 57.0 牡5 ダートの重賞は全て3着以内。東京1600mの成績も良く、最近の成績も安定して上位。
7 11 コパノキッキング 57.0 せん4 4連勝中で重賞2連勝中。9戦7勝で負けた2回は1400m。前走で1400mを勝っているが1600mは初距離。
7 12 ノボバカラ 57.0 牡7 × 2016年のプロキオンS(G3)を勝っているが、昨年以降は前走の6着が最高。このメンバーでは。
8 13 ノンコノユメ 57.0 せん7 昨年の勝馬。3年連続で出走しており2016年から2着(1人気)、7着(4人気)、1着(4人気)。
8 14 オメガパフューム 57.0 牡4 9戦5勝2着2回3着1回5着1回。京都大賞典(大井G1)の勝馬。1600mは1回走って3着。

今回は強そうな馬が多く有力馬の上位争いになると思います。

 

最終予想

枠番 馬番 馬名 予想 予想コメント
8 14 オメガパフューム 過去20年で一番勝率の高い馬番。前走はゴールドドリームに勝っていて、ここでも好勝負。
4 6 インティ 初コースの不安はあるが、まだ底を見ておらず能力はかなり高そう。
7 11 コパノキッキング 重賞2連勝中で能力は高い馬。初距離に不安はあるが、1600mはこなせると思う。
3 3 ゴールドドリーム 東京1600mはベスト条件。外せない1頭。
6 10 サンライズソア ダート重賞は複勝率100%で、上位争いの可能性は高そう。

 
※掲載されているデータや内容などは、間違っている可能性もあります。予めご了承ください。