サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 2019 予想と予想結果

投稿者:あたる  更新日:

2019年4月6日(土曜日)に阪神競馬場の芝1600メートルで行われた第62回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2)は、4番人気のミッキーチャームが勝ち重賞初制覇となりました。2着は12馬人気のアマルフィコースト、3着は9番人気のミエノサクシードで、3連単は727,770円の高配当となりました。
 

第62回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2)

2019年4月6日(土曜日) 2回阪神5日
11レース 発走時刻:15時35分
サラ系4歳以上 (国際)牝(指定)オープン 別定
コース:芝1600 右・外回り

1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられます。
 

阪神牝馬ステークスの出走予定馬

枠番 馬番 馬名 斤量 性齢 前走 主な成績
1 1 サラキア 54.0 牝4 スポ京都金杯(GⅢ) 2番人気 7着 秋華賞(GⅠ)4着。ローズS(GⅡ)2着。
2 2 ワントゥワン 54.0 牝6 京都牝馬S(GⅢ) 3番人気 6着 富士S(GⅢ)2着。
3 3 サトノワルキューレ 55.0 牝4 金鯱賞(GⅡ) 11番人気 11着 フローラS(GⅡ)1着。
3 4 ラッキーライラック 54.0 牝4 中山記念(GⅡ) 6番人気 2着 阪神JF(GⅠ)1着。
4 5 クロコスミア 54.0 牝6 中山牝馬S(GⅢ) 8番人気 6着 エリザベス杯(GⅠ)2着2回。 府中牝馬S(GⅡ)1着。
4 6 カンタービレ 55.0 牝4 エリザベス杯(GⅠ) 5番人気 6着 秋華賞(GⅠ)3着。ローズS(GⅡ)1着。
5 7 リバティハイツ 54.0 牝4 京都牝馬S(GⅢ) 4番人気 9着 Fレビュー(GⅡ)1着。
5 8 ミッキーチャーム 54.0 牝4 中山牝馬S(GⅢ) 2番人気 14着 秋華賞(GⅠ)2着。
6 9 メイショウオワラ 54.0 牝5 うずしおS(牝1600下) 10番人気 1着 うずしおS(牝1600下)1着。
6 10 レッドオルガ 54.0 牝5 東京新聞杯(GⅢ) 6番人気 2着 東京新聞杯(GⅢ)2着。
7 11 ダイアナヘイロー 55.0 牝6 阪急杯(GⅢ) 3番人気 6着 阪神カップ(GⅡ)1着。
7 12 ミエノサクシード 54.0 牝6 スポ京都金杯(GⅢ) 11番人気 3着 スポ京都金杯(GⅢ)3着。
8 13 ベルーガ 54.0 牝4 六甲S(L) 12番人気 13着 ファンタジー(GⅢ)1着。
8 14 アマルフィコースト 54.0 牝4 京都牝馬S(GⅢ) 13番人気 3着 京都牝馬S(GⅢ)3着。

1枠1番 サラキア

ローズS(GⅡ)2着、秋華賞(GⅠ)4着は両方カンタービレに負けている。阪神はチューリップ(GⅡ)1600m(外)4着とローズS(GⅡ)1800m(外)2着で悪くはなさそう。

2枠2番 ワントゥワン

昨年のこのレース12着。重賞は、昨年の関屋記念(GⅢ)、京成杯AH(GⅢ)、富士S(GⅢ)の3連続で2着が最高。1600mは2勝の他に重賞2着3回。阪神1600mは5戦して1着2着4着6着12着。

3枠3番 サトノワルキューレ

フローラS(GⅡ)1着、オークス3番人気6着、ローズS(GⅡ)1番人気6着。3歳春のゆきやなぎ賞はエタリオウ(菊花賞2着)に勝っており、能力はありそう。前走はメンバーが強く、休み明けの影響も。阪神は2戦して、ゆきやなぎ賞2400m(外)1着とローズS(GⅡ)1800m(外)6着。1600mは初距離。

3枠4番 ラッキーライラック

桜花賞は1番人気単勝1.8倍でアーモンドアイ(2番人気単勝3.9倍)の2着。秋華賞は9着に負けているが休み明けで馬もできていなかったらしい。前走は53kgだがメンバーを考えると悪くない内容。阪神は3戦2勝2着1回で全て1600メートルで2着もアーモンドアイの2着。

4枠5番 クロコスミア

エリザベス杯(GⅠ)2着2回、府中牝馬S(GⅡ)1着もあり、実績は上位だがエリザベス杯は両方9番人気での2着。一昨年がピークのような感じもして、少し衰えてきているような気も。一昨年のこのレース4着。阪神1600mは良くも悪くもなさそう。

4枠6番 カンタービレ

秋華賞(G1)3着、ローズS(G2)1着、フラワーC(G3)1着があり、能力はここでも上位のはず。オークス13着、前走のエリザベス杯(G1)は2200mで少し距離が長かったのかも。1600mは新馬と未勝利の2着2回のみ。阪神は外回りを2回走って新馬の1600m2着とローズS(GⅡ)1800m1着で、コースは良さそう。休み明けは、ローズS1着1回で悪くはなさそう。

5枠7番 リバティハイツ

Fレビュー(GⅡ)1着、桜花賞(GⅠ)6着、前々走はターコイズS(GⅢ)2着で力はここでもそれほど差はないかも。阪神1600mは桜花賞(GⅠ)6着とポートアイS(OP)3着で悪くはなさそう。

 

5枠8番 ミッキーチャーム

前々走の秋華賞(G1)はアーモンドアイの0.2秒差の2着。前走は2番人気に押されたがシンガリ負け。性格が難しい馬で輸送が大きく影響した可能性があるらしい。阪神は初で1600メートルも初。能力は高そうだが不安要素も多そう。

6枠9番 メイショウオワラ

重賞はローズS(GⅡ)5着が最高。前走は牝馬限定の1600万下を10番人気で1着。さすがにここでは格下。阪神1600mは2勝しており、悪くはなさそう。

6枠10番 レッドオルガ

重賞は前々走のターコイズS(GⅢ)6着と前走の東京新聞杯(GⅢ)2着のみ。前走の内容は良く、ここで通用するぐらいの能力はありそう。12戦して馬券外は3回のみ。ほとんど1600mを使われていて距離適性は高そうだが、12戦中9戦を左回りで使っていて、右回りは最初の2戦、新馬5着と未勝利3着(阪神1800m)の他、前々走のターコイズS(GⅢ)6着のみで、右回りは良くない可能性も。

7枠11番 ダイアナヘイロー

阪神カップ(GⅡ)1着の他にG3を2勝しており、能力はここでも通用するはず。阪神は重賞を2勝しているが1400m(内)で、両方逃げて勝っているので外回りになるのは良くなさそう。1600mは3戦して新馬勝ちとエルフィンS2着はあるが、3歳の春以降1200mと1400mしか使っておらず、3年ぶりの1600m。

7枠12番 ミエノサクシード

昨年のこのレース6着。重賞はマーメイドS(GⅢ)と前走のスポ京都金杯(GⅢ)の3着が最高。能力はここでは少し足りない気も。阪神の外回りの成績は比較的よく、今回のコースは良さそう。

8枠13番 ベルーガ

デビュー2連勝でファンタジー(GⅢ)勝ち。その後1年近い休養後、OP3着は悪くなかったが走るごとに成績が悪くなっていき、前2走は2桁順位。前走は六甲S(L)12番人気で13着、再度同じコースでメンバーが一気に強くなる今回は。

8枠14番 アマルフィコースト

重賞は3回走って、3着2回と競走中止1回。前々走は8着だがそれ以外は全て3着以内(競争中止を除く)。ただ、1600万下2着3回で1600万下を勝てておらず、前走は13番人気で3着。内容は悪くなかったが、今回はさらにメンバーが強くなっている。1600mは1戦1勝で阪神は1400m(内回り)を2回走って新馬1着とFレビュー(GⅡ)競争中止。

 
阪神牝馬ステークスの過去のデータは「阪神牝馬ステークス 過去 データ」をご覧ください。過去10年の他に過去17年までの長期データを掲載しています。
 

阪神牝馬ステークスの予想

予想 枠番 馬番 馬名 予想コメント
3 4 ラッキーライラック 前走2着もメンバーを考えると内容は良く、ここなら能力が一番高い可能性も。叩き2戦目で、阪神1600mも良さそう。
4 6 カンタービレ 重賞2勝、秋華賞3着もあり能力はここでも上位。阪神1600mも悪くはなさそうで、休み明けも問題なさそう。
7 12 ミエノサクシード 前走の内容も悪くなく、状態も良さそう。阪神外回りの成績は比較的よく、今回のコースは良さそう。
2 2 ワントゥワン 今回、有力馬も前に行く馬が多く、展開がハマる可能性も。
8 14 アマルフィコースト 1600万下を勝てていないのだが、重賞でも3着2回あり、競走中止と前々走の8着以外は全て3着以内で相手なりに走る馬の可能性は高そう。

 

阪神牝馬ステークスの予想結果

予想 枠番 馬番 馬名 結果
3 4 ラッキーライラック 8着(1番人気)
4 6 カンタービレ 6着(2番人気)
7 12 ミエノサクシード 3着(9番人気)
2 2 ワントゥワン 14着(7番人気)
8 14 アマルフィコースト 2着(12番人気)

 
予想は、当たっていないのでダメなのですが、穴予想の12番人気が2着で、▲予想の9番人気が3着で、予想としては悪くはなかったと思います。
 
サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの結果とレース映像
 
 
※掲載されている内容などは間違っている可能性もあります。予めご了承ください。